Acuerdo/EMPEZAR・ボイスドラマ企画・男性キャラ版

※キャラの画像は『資料』の横の◆を押してご観覧ください。

■金獅子(Kinjishi):♂:【国】シュヴェーレン/■資料・/CV.イサキチ様
外見年齢10代後半。一人称『俺』。二人称『お前、アンタ』。
くすんだピンク髪に碧の瞳。
竜王に幼少時助けられた後、彼に絶大な信頼を置いている。
それ故、王素質は持ちえているのだが、竜王を慕いすぎてヘタレに思われることが多々。
金鶏に対してはガキ扱いだが、一応ちゃんと彼なりに面倒を見ている。
とても大きく豊かな王国を持つ王の末子として生まれ、時期王座を決め育てる為に捨てられた。
金ではなくくすんだピンクの毛色。そのため、端から王座除外対象であった。

 

【選考セリフ】

(金鶏に対して少し強く)『竜王と俺の言いつけはちゃんと聞くこと。あと何かしらの武術は身につけろ。俺はお前を守るなんて気は更々ないからな』
(竜王の残像を見るように)『兄弟が多い親がその子供達に平等に愛を与えられない。それなら尚更雄である竜王が喩え神の子だとしても平等になんか与えられるはずがない……なら竜王は、いつも誰を見ている?』

*****

 

■竜王(Ryuuoh):♂:【国】?(万華宮)/■資料・/CV.銀零煌様
外見年齢20代。一人称『私』。二人称『そなた』。
薄い青髪に青紫の瞳。
『太陽・命』の象徴の中性的な竜神の一柱。『竜王』を継承してからは『総てのものを平等に愛す』ことしか出来なくなってしまった為、たった一人を愛すことが出来ない。
金獅子と金鶏を助け育てる。優しく人望があるため様々なものに愛されている。
植物を操る能力を持つ。

 

【選考セリフ】(全体的に柔らかい物腰です)

(普段より少し明るく、嬉しそうに)『ふふ、こうして皆(みな)で祭りに来られるとは、嬉しいものだな』
(悲しそうだが決意を決めたような感じで)『同族でも邪に堕ちたものは斬らねばならない……それが私の『竜王』としての使命だ。すまない……』
(悲しそうに)『彼には昼が見えないのだ。わずかな星の光と、限られた形にしかなることの出来ない月しか見えない……至極、哀しい存在』

*****

 

■金鶏(Kinkei):♂:【国】エヴァンジル/■資料・/CV.江口舞様
外見年齢10歳程。一人称『僕』。二人称『君』。
金髪に蒼瞳。
竜王と同じく『太陽の象徴』。竜神にこの世で唯一その血を持って制すことの出来る存在だがそれを恐れた竜神に仲間親を殺された一族の末裔。
竜王の慈悲の心で救われ、まだ子供である為竜王といても問題はないとのことで彼と一緒にいる(ただいつ覚醒するかはわかっていないので危険なのは変わらない)。
明るく人懐こい。

 

【選考セリフ】

(辛くても元気に)『大丈夫、皆がいるから僕はまだ頑張れる!』
(ぽつりと呟く感じに)『にーにと竜王様と僕、あと赤い兎のおねーちゃん。みんなみんな、ずっと一緒にいれればいいのに……』
(覚醒時・苦しそうに)『おね、がい……僕に、近寄らないで……この血は、総てを喰らってしまうから……!』

※金鶏ですが、選考ボイス頁にある四枚目のイラストの『成鳥』した姿の覚醒時ボイス(14、15歳ほど)も入れて下さい(覚醒時のセリフは子供の時と成鳥の時の二種お願いします。応募は計4種のボイス)。既にご応募頂いた方はもう一度演じる必要ありませんのでご安心下さい。

*****

 

■蒼竜(Souryuu):♂:【国】?(水宮)/■資料・/CV.テディ様
外見年齢20代。一人称『俺』。二人称『貴様、お前、あんた』。
濃い青髪に金色の瞳。
『夜(死・終焉)の象徴』で竜王に水から形をもらった姿で竜王と同じ種族の九頭竜ではない。
その為『あること』のために、竜王の兄弟を総て惨殺し自らの力とした。
何を考えているかわからないが、目的の為には手段を選ばない。
水を操る能力を持ち、8体の水竜(竜王の兄弟)を背負い攻撃する。

 

【選考セリフ】

(竜王に向かってどこか、優しさも含みつつ重い声で)『百華(ひゃっか)が総てを背負う事はなかったんだ。その続きは、俺が罪として背負っていくから――…』
(少し怒りを混ぜて)『世界を闇に包んででも、俺は取り戻したいものがあるんだ。それがお前らには、あるのか?』

 



コメントは受け付けていません